https://renkonuk.hatenablog.com/?_ga=2.2454576.1856691425.1572737772-68475224.1572461293

れんこんのロンドン生活日記

ロンドン、住み始めました

【プーさんの100エーカーの森】プーコーナーと棒投げ橋とハートフィールドの大自然。

プーさんの故郷、ハートフィールド村の方へ、プーさんに会いに行ってきました(メルヘンな出だし)。

 

今回は、

  • プーコーナー 
  • 棒投げ橋
  • A.A. MILLENの記念碑の丘

に立ち寄っています。

 

 

 

車での日帰り旅。

私は免許証を取得していないので、レンタカーで連れて行ってもらいました。

スペシャルサンクス:Y氏、R氏

 

 

f:id:renkonuk:20210609182742p:plain

ロンドンから南へ車を走らせ1時間40分程。

 

 

 

プーコーナー「POOH CORNER」 

ハートフィールドに行くと言えばこちら。

絶対にはずせないのがこちらのお店「POOH CORNER」。

f:id:renkonuk:20210608010546j:image

軽食が頂けるカフェ兼お土産ショップです。

 





f:id:renkonuk:20210608010451j:image

店内はプーさんの世界一色。

 

 


f:id:renkonuk:20210608010419j:image

壁にはスケッチや絵がたくさん飾られています。

 

f:id:renkonuk:20210608010702j:image

ラフスケッチがかわいいです。

 

 

 

 軽食を頂きます

お昼頃に到着したため軽食頂くことにしました。
f:id:renkonuk:20210608010517j:image

キッズメニューも豊富です。


f:id:renkonuk:20210608010618j:image

クリームティー、ベイクドポテト、サンドイッチ、トーストなどなど、たくさんのメニューがありました。

 

 

 

 


私が注文したのはこちら、「TEDDY BEAR TOAST」!!
f:id:renkonuk:20210608010526j:image

か、可愛すぎる!!!
その名の通りただのトースト三枚です。ジャムかハチミツかを選べます。(もちろんハチミツで!!!)

正直に言えばサンドイッチが食べたかったけど、写真を撮りたくて注文してしまいました…。これは頼まずにはいられない…。

 

激かわのプーさん型ティーポット、これはクリームティー(紅茶とスコーンのセット)を頼むと出てきました。

2人分注文したのでこのポットで出してくれたのかもしれません。ティーポットプーさんに絶対に会いたい方は、注文時に店員さんに要確認です。

(他のテーブルを見ると小さな、黄色いけどプーさんではないポットで出されていました。)

スコーンも美味しかったです。

 

 

 

こちらは「BAKED POTATOES  CORONATION CHICKEN」。
f:id:renkonuk:20210608010556j:image

デカすぎるポテトにカレー風味のチキンが乗っています。ボリューム満点で美味しいです。

 

食器がプーさんのお皿、カップですので、何を頼んでも楽しいと思います。

 

 

 

 

 店内をぐるりと

空腹を満たした後は、店内の見学です。
f:id:renkonuk:20210608010505j:image

お店の中にはお土産ものがたくさん置かれています。

見えづらいですが、ガラスケースの中に入っているプーさん型の黄色いティーポットは90ポンドだそうですよ。もう生産されていない為らしいです。

 

 

 


f:id:renkonuk:20210608010448j:image

ぬいぐるみプーさんの仲間たちを連れて帰ることも可能です。

 

前日に映画『プーと大人になった僕』を観て気持ちを仕上げてきたので、私も主人公クリストファーロビンのように、「この子たちを小脇に抱えたい!」という気持ちを抑え込むのが大変でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:renkonuk:20210608010501j:image

画も買えます。

 

 

 

お手洗いはここで使わせていただくのが良いと思います。
f:id:renkonuk:20210608010529j:image

お手洗いの中までプーさんの絵がびっしり。

 

 

 

f:id:renkonuk:20210608010610j:image

青空が抜けた看板がとても気持ちいいです。晴れてよかった。

テラス席も気持ち良さそうでした。 

 

 

 

 

 

 

棒投げ橋へ向かう 

お腹を満たした後は、プーさんの棒投げ橋へ向かいます。
f:id:renkonuk:20210608010513j:image

木々に囲まれた道を奥へ奥へと進みます。

林のどこかにプーさんたちのおうちがあるらしい…。

 

 

 

 

 

 

 

※※ネタバレになるといけないので、おうちの写真は一番最後に載せておきます※※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

棒投げ橋を目指し、たまにある立札に沿って先へ進みます。
f:id:renkonuk:20210608010635j:image

橋に到着するまでに、棒投げ遊び用の木の枝を拾いながら歩きます。

 

 

 

 

そして着きました。棒投げ橋。
f:id:renkonuk:20210608010456j:image

みんな棒投げ遊びをしていました。

 

 

棒投げ遊びとは?

 プーさんたちがこの橋の上でやっている遊びです。

橋の上の上流サイドからみんなで同時に木の棒を落とし、下流サイドから覗いて早く棒が流れてきた人の勝ち。

という、プーさんらしいほっこりゲーム。

 

 

 

 

f:id:renkonuk:20210608010426j:image

使用していい枝は地面に落ちているもののみ。

木を折ってはいけません。



 

 

 

橋の上から見た、下流サイドの川。
f:id:renkonuk:20210608010542j:image

皆が棒投げ遊びをするので、先の方で木の枝がたくさん溜まっています。

私たちが流した枝も、漏れなくあそこに引っ掛かっています。

 

 

 この橋の先をずっと歩いていくとアッシュダウンの森、つまり100エーカーの森に入っていけるのですが、私たちはここで引き返しました。

 

 


 


車で移動し作者A.A. MILNEの記念碑の丘へ

 車に乗り込み、作者A.A. ミルン氏の記念碑の丘へ。


f:id:renkonuk:20210608010705j:image

こんな道を通ったり、


f:id:renkonuk:20210608010522j:image

こんな景色を見ながら記念碑を目指します。

この広い景色!歩いているだけで清々しいです。

 

 

 

 


f:id:renkonuk:20210608010431j:image

 途中の丸太にはこんなプレートも。

 

 

 

そして記念碑に到着


f:id:renkonuk:20210608010615j:image

 草原や森が見下ろせる丘に、記念碑はありました。

 

 

 

f:id:renkonuk:20210610195930j:image

クマのプーさんの作者 A.A. ミルン氏、そして挿絵を描いたE.H.シェパード氏の記念碑。

 

 

 

 

プーさんのプチうんちく

100エーカーの森のモデルとなったこのアッシュダウンの森。

ミルン氏の息子クリストファーロビンが4歳の時に、この森の近郊の土地を買い取り別荘とした土地。休日の度に家族で訪れていたようで、クリストファーはいつもぬいぐるみたちを連れてきていたのだとか。

 

 

 

そしてクマのプーさんは、作者ミルン氏の息子クリストファー・ロビンの1歳の誕生日プレゼントとして、ハロッズで購入されたクマのぬいぐるみだそうです。

ロバのイーヨーは同年のクリスマスプレゼント、子豚のピグレットは隣人からのプレゼント。カンガルーの親子カンガとルー、トラの子ティガーはハロッズで購入されたもの。

 

 

以上、Wikipediaから拝借しました。

クマのプーさん - Wikipedia

 

 

 

 

大自然を歩いて癒されました。

緑に溢れた、プーさんの故郷。

のんびりとした時間を過ごし、大満足の一日でした。

 

 

 

 

帰り際に立ち寄ったパブも素敵でした↓

renkonuk.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

林の中のおうちの写真 ネタバレ注意。

※※林の中に入って探すのが楽しいと思うので、見たい方だけ見てくださいね※※

 

プーさんの棒投げ橋へ向かう道中、仲間たちのおうちがあるらしいです。

 

 

 

 

 

 

おうちを探しに林の中に入ってみると…
f:id:renkonuk:20210608010434j:image

ハッ!

 

 


f:id:renkonuk:20210608010508j:image

誰かのおうちが!
この高さのドアはきっとフクロウのオウルのおうち…?

 

 

 

 

 

 

 

更に探していると…
f:id:renkonuk:20210608010537j:image

ハッ!!

 

 


f:id:renkonuk:20210608010654j:image

ありました、ベランダとドア!

 


f:id:renkonuk:20210608010622j:image

この小ささは、ピグレットのおうちでしょうか…?

どなたのものかは定かではありません。

 

 

 

 

誰のおうちなのか、そして他にもおうちがあるのかないのか、私にはわからず申し訳ございません。

道からは見えず、林の中に入らないと見つけられないので宝探しのようです。

さりげなく存在していて、「森の中に暮らしている感」が妙にリアルでした。

 

 

 

このブログはAmazonや他のアフィリエイトプログラムに参加しています。