https://renkonuk.hatenablog.com/?_ga=2.2454576.1856691425.1572737772-68475224.1572461293

れんこんのロンドン生活日記

ロンドン、住み始めました

【くさい石鹸】WRIGHT’S の石鹸はコールタールの香り。

色んなスーパーでよく見かけますし、創業1860年と書いてあるので気になっていた石鹸「WRIGHT’S」。 

f:id:renkonuk:20210430185017j:image

 

 

 

 驚くべきは、このオレンジ色の石鹸、くっさいんです。

 

買ったときには気づかなかったのですが、家に帰ったら「なんか臭いな…買い物袋からなんか匂うぞ…?」

と思ったらこの子でした。

 

なんというか、消毒液のような、保健室のような、正露丸のような、、、なんとも言えない香りがお風呂場に充満します。

 

 

お風呂場に行く度に「くっせえ!くっせえ!」と文句を言うこととなるので、我が家では大不評。

しかしながらイギリスではこの香りが好きな方もいる(ノスタルジーな香り?)そうで、色んなスーパーやBootsなどの石鹸コーナーに堂々と鎮座しています。

f:id:renkonuk:20210508215325j:image

馴染みがない者にはちょっときつい香りです。。。

 

 

 

 

 

WRIGHT’Sとは、1860年創業、イギリスの老舗の石鹸メーカーで、この石鹸は家庭用の消毒石鹸として古くから愛されきたようです。

今ではトルコで製造されています。

 

 

昔は消毒成分としてコールタールを使っていたそうなのですが、発がん性の恐れがあるとのことで、現在では入っていません。

代わりにオイルツリーが使われいています。

 

でもコールタール独特の匂いだけは外せない、ということで、「 COAL TAR FRAGRANCE(コールタールの香り)」とあるようにわざわざ香り付けされております。

 

 

 

そんなに好きになれるかな、この香り…。

私も慣れたらクセになってしまうのでしょうか…。

 

 

f:id:renkonuk:20210430185023j:image

 石鹸本体は明るいオレンジ色。

 

 

 

 

 

捨てるものもったいないので引き続き使っていますが、

そういえば最近、あまり匂いが気にならなくなってきたような…。

 

 

 

例え慣れたとしても、もう絶対い買いはしませんが。

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:renkonuk:20210430185008j:image

話は反れますが、

先程から映え写真をかましてしまっていて、どうもすみません。

 

元気のなくなった切り花を捨てるのがもったいなくて、セントラルヒーティングのそばに置いて放っておいたら、スーパー素敵なドライ花びらができました。

 

 

 

いつになくおしゃれ過ぎたことをお詫び申し上げます。